キュウの徒然なるままに

観たこと読んだこと感じたこと、書いていきます。

【感想】村上春樹『女のいない男たち』

こんにちは、キュウです。

大阪が震源地の地震から二日。

私はこんなに強い揺れを感じたのははじめてでした、怖かったです。

まだ余震に怯えています。

何が起こるか一秒先もわからない、一秒一秒悔いなく過ごしたいものです。

皆様も、どうぞお気をつけください。

 

さて最近、村上春樹『女のいない男たち』を再読しました。

 

女のいない男たち (文春文庫 む 5-14)

女のいない男たち (文春文庫 む 5-14)

 

 

単行本が出た当時購入し、すぐに読みました。

その時は、そんなに心に残りませんでした。

むしろ短編「木野」以外は、いつもの春樹作品のような非現実感がなくて物足りないな、と感じました。

そして読み返すことなく本棚で眠っていました。

ですので、4年ぶりの再読ということになります。

 

 

不思議なことに、今読んでみると心にスッと入ってくるのです。

6つの女のいない男たちの物語。

どの物語も、一番大切な物(女)が失われてしまった、あるいは失いつつある男の喪失感、孤独感がヒシヒシと伝わってきます。

悲しい気持ちになります。

ですが、癒しの物語でもあると感じます。

女を通して男たちは、私たちの心は、癒されていきます。

 

6つの物語で、特に私が心惹かれたのは、

「独立器官」

「木野」

「女のいない男たち」の3つです。

 

愛する人を永遠に失ってしまったとき、人はどのようにその傷を受け入れ、自分を慰め、克服していくのか。

あるいは耐えられなくて死んでしまうこともある、自分の心に嘘をつき自ら傷ついてしまうこともあるでしょう。

結末は悲しいけれども、決して絶望だけではなくささやかな光も射し込んでくる。

この『女のいない男たち』は、そんな物語が詰まっていると思います。

私は女ですが、女だと共感できないだろうと、そんなことは決してありません。

 

最後に、「女のいない男たち」では、エレベーター音楽なる楽曲がいくつか出てきます。

エレベーター音楽とは、「よくエレベーターの中で流れてくるような無害な音楽」、だそうです。

どのアーティストも聞いたことがない私は、試しにパーシー・フェイス「夏の日の恋」、フランシス・レイ白い恋人たち」を聞いてみました。

なんて軽やかで落ち着く美しい旋律でしょうか、とても癒されました。

天国で流れていてもおかしくないな、と思いました。

村上春樹は、音楽と物語を自然に繋げることが本当にうまいなあ、と感心します。

 

まだ、お読みになっていない方は是非手に取っていただきたいです。

それぞれの物語の男たちとともに、女の中で自分の心をさらけ出し、癒されてください。

【感想】村上春樹「三つの短い話」

こんばんは、キュウです。

 

先日、Twitterで『文学界』に村上春樹の短編が掲載されていると知りました。

単行本が出るまで待とうかと思いましたが、「最新」を読むのもいいなと思い購入しました。

結果、購入して本当によかったです。

私にとって、心に強く残る三つの短編となりました。

 

 

本日はもう少し、この三つの短編を読んで思ったこと・感じたことを書いてみます。

〈石のまくらに〉、〈クリーム〉、〈チャーリー・パーカー・プレイズ・ボサノヴァ〉 の三つの短編ひとつずつの感想の前に、

 まずは三つの短編を読んで共通して感じたことがあります。

 

「死」をすぐそこに感じる

「死」を意識して書いているなと感じました。

村上春樹も69歳、今の時代まだまだ元気な年代ではあるのでしょうが、自分もいずれは滅んでなくなってしまう。

だからこそ、自分の中に鮮やかに残っている「記憶」「言葉」「夢」を小説(文章)に残してくれているのかなと、感じました。

今までも、村上春樹は「死」について書き続けていますが、今回三つの短編がそれぞれ違う角度から「死」を照らしているので余計に。

 

『説明もつかないし筋も通らない、しかし心を深くかき乱されるような出来事』

上記の言葉は、〈クリーム〉で「僕」が言う言葉です。

このような出来事が三つの短編に形を変えて現れています。

自分と相手が関わることによって思いもよらぬ物語が広がっていく〈石のまくらに〉と〈クリーム〉

自分の物語が、その世界を飛び越えて相手にも広がっていく〈チャーリー・パーカー・プレイズ・ボサノヴァ

うまく言えないのですが、三つの短編を順番に読んでいくと、どんどん物語が広がっていくようで、それでいて自分の「心の中」だけで完結しているような、とても不思議な気持ちになります。

なにか、全てが、繋がっていると感じるのです。

 

それでは、ひとつずつ短編の感想を書きます。

未読の方は、是非読後に読んでいただければと思います。

あらすじは省きます。

〈石のまくらに〉

十代の頃を回想する「僕」、〈クリーム〉でもそうです。

村上春樹にとっての原風景なのでしょうか。

肉体が滅んでも、誰からも忘れ去られても、「言葉」だけは残る。

春樹自身が自らの老いと死を見つめ、その後残される物語について述べているのではないかと感じました。

それにしても、いつだって春樹の性行為描写は、クッキリとしているんだけど非現実的だなあ。

 

〈クリーム〉

この物語では、「老人」が「僕」にある問いかけをします。

その老人が、まるで今の春樹自身なのではないかと感じてしまいます。

若かりし頃の自分に、そして同じ年代の読者に、問いかけているようなそんな気がしてなりませんでした。

「人生のクリーム」、素敵な言葉だなあ。

 

チャーリー・パーカー・プレイズ・ボサノヴァ

三つの短編の中で一番好きです。

読後、日の光の中にいるようなあたたかで優しい気持ちにもなり、同時に胸が締め付けられるような泣きたい気持ちにもなりました。

物語の中の物語という構成、小気味よく気持ちが昂ぶる文章、夢(無意識)は誰の世界にも通じている・・・

心に深く深く残り、何度も読み返したくなる短編です。

夢に出てくるチャーリー・パーカーの描写は、(恥ずかしながら私チャーリー・パーカーという名前しか知らないのですが)胸が熱くなります。

デヴィッド・リンチ監督が映像化してくれたらなと、妄想してしまいました。

ああ、いい文章だなあ。

 

以上です。

自分の思っていることを言葉にするのは、本当に難しいですね・・・。

もっと書きたいことはあったような気がするのですが、今は思い浮かびません(笑)

 

「三つの短いお話」、是非読んでみてください。

それでは!

【6月】読書会に行ってきました【2回目】

こんばんは、キュウです。

昨日(6/14)は、「Simple読書会」に参加してきました。

 

Simple読書会は、前田さんという男性の方が主催しています。

Googleで「読書会 関西」で検索するとヒットするのではないでしょうか。

 

場所は、グランフロント大阪北館1階のタリーズコーヒー

時間は、19時30分から21時30分。(途中休憩5分)

参加者7名。

今回は、ジャンルフリー(但し自己啓発、ビジネス書は除く)で、各自1冊以上の本を紹介していく流れです。

私は今回で3回目の参加でした。

前回の読書会で同席した方と再会できました。

見知った方がいらっしゃると、嬉しいものですね。

緊張しやすいので、適度にリラックスすることもできました(笑)

 

さて、冒頭前田さんが簡単に読書会の主旨を話され、自己紹介後、読書会スタート!

やはり最初は緊張してしまいますが、皆さん真剣に耳を傾けてくださり、質問や感想も飛び交い、とても刺激的で楽しい雰囲気が最後まで続いていきました。

私は『妖』(百年文庫)と、村上春樹レキシントンの幽霊』を紹介しました。

 

(016)妖 (百年文庫)

(016)妖 (百年文庫)

 

 

 

レキシントンの幽霊 (文春文庫)

レキシントンの幽霊 (文春文庫)

 

 あらすじを紹介するはずが、結末まで話してしまうというアホなミスを犯してしまいました・・・何やってるんだろうか。

また、村上春樹の「良さ」を紹介する難しさを感じました・・・。

「孤独」、「喪失」、「死」等キーワードは浮かんでくるのですが、なんだかありきたりで漠然とした感想のようなものになってしまいます。

いずれ上記2冊の感想をブログに書きたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

 

はてさて、皆さんの紹介の仕方が、バラエティーに富んでいました。

  • この本に出会ったきっかけ
  • 本を見せず(タイトル、表紙をふせて)、あらすじを伝え、まずは聞き手に想像してもらう
  • オススメしてもらった本がおもしろかったので、自分もオススメする
  • 自分でテーマを決め、それに沿った本を紹介する(今回は「小学生の頃に読んだ本」でした)
  • 資料を用意する 等々!

どうすればオススメ本に興味を持ってもらえるのか、さまざまなアプローチがあり、非常に勉強になります。

 

オススメした本に興味を持ってもらうことって、とても嬉しいことですよね。

私も、たくさん読書会に参加して、「その本の良さ」をうまく伝えていけるよう頑張ります。

そして、読書会をきっかけに出会える本がたくさんあることも、とても嬉しくワクワクします!

今回特に、すぐにでも手にとって読みたいなと感じた本は、

川上弘美『蛇を踏む』です。

 

蛇を踏む (文春文庫)

蛇を踏む (文春文庫)

 

 非現実の中にリアリティーがあり、ハマる人はハマるのだそうです。

村上春樹好きなら、ハマるんじゃないかと言われました。

是非読みたいです、読みます。

 

あ~、読書会って楽しいな。

そんなこんなで、あっという間の2時間でした。

私は仕事上、土日の休みが取りにくいこともあるので、平日夜の開催はとてもありがたく嬉しかったです。

 

「Simple読書会」は、今回のジャンルフリー(Simple)の他にも、ジャンル(ノンフィクション、児童書、サイエンス等)を限るものもあります。

ジャンルを限ると、やはりそのジャンルに強い方がいっらしゃるので勉強にもなるのだそうです。刺激をビシバシ受けそうです!

次回の読書会も楽しみです。

それでは!

【神戸どうぶつ王国】に行ってきました

こんばんは、キュウです。

本日は【神戸どうぶつ王国】に行ってきました。

 

 

私の場合、JR尼崎から新快速姫路行きでJR三ノ宮へ、

次にポートライナー三宮から神戸空港行きで京コンピュータ前へ。

駅出口の階段を降りればすぐに、神戸どうぶつ王国の入口があります。

約45分で到着しました、思っていた以上に近かったです。

 

料金は大人1,800円。

こちらの動物園はインサイドパーク(屋内)とアウトサイドパーク(屋外)、大きく2つのエリアに分かれています。

 雨が降っていても、十分に楽しむことができると思います!

晴雨用傘の貸し出しもおこなっていました。

小ぢんまりとした動物園なのかなと思っていましたが、とんでもない!

広いので一日中いることができます。

私は12時~16時30分くらいまでいまして、全てのエリアを回り堪能しました。

 

さて、ここからは私が特に楽しかった、お気に入りの場所を3つ紹介いたします。

その1【ワンタッチ ニャンタッチ】

入口入ってすぐにある、犬、猫とふれあえるコーナーです。

私は猫がとても好きなので、入った瞬間ニャンコがいる!と、興奮してしまいました。

動物園に猫がいることって、珍しいなと思いました。(はじめて見ましたので)

ワンコ、ニャンコともに各10匹程。

ニャンコは長毛の子達が多かったです。

みんな寛いでスヤスヤ眠ったり、キャットタワーを悠々と歩いていたり、人間に撫でてもらいリラックスしていました。

私も撫でて、撫でて、癒されてきました。

一日に2回休憩時間を設け、その間人間はコーナー内に入れないようになっています。

 

その2【アフリカの湿地】

ここは、鳥類が闊歩するエリアでした!

某アイドルアニメや某ジャパリパークアニメで有名なハシビロコウに、ペリカン、カモ、コールダック、フラミンゴ等々。

ワオキツネザルサーバル等、哺乳類もいました。

ここが、思いのほか楽しくて楽しくて。

愛くるしいカモやコールダックを見ているだけで、幸せな気持ちになれます。

エサも上げることができます。

*エサは、各エリアでもあげることができます。動物達と間近で接することができるのが嬉しい!

私も、カモ達にエサをあげ、たくさん写真を撮りました。

ペリカンフライト」というイベントも見ることができました。

ペリカン達がエサめがけて池の上を飛んできます、迫力がありました!

飛ぶのがうまくない子や(足が水についている)、ほとんど飛ばない子もいたり、ペリカン達が個性的で楽しかったです。

 

その3【アウトサイドパーク(屋外)】

外のエリアでは、馬やラクダに乗ることができるコーナーに、羊、アルパカ、カンガルー、ペンギン、大きなカメがいます。

もう、どの動物達もとても可愛くて、ニヤニヤしっぱなしでした。

アルパカにエサをあげ、モフモフとした毛を少しさわることができました。(フカフカ!)

カンガルーは正午頃見たときは全員ゴロゴロと寝転がっていましたが、16時頃はゆっくりと動き回っていました。

はじめてカンガルーをさわりました、嬉しかったです。

15時のドッグパフォーマンスショーというイベントも見ることができました。

羊を囲いに誘導する牧羊犬や、フリスビーを一生懸命キャッチする犬が伸び伸びとフィールドを駆け回っていました。

牧羊犬に追われる羊がとてもマイペースで可愛かったです。

吼えられても草をモシャモシャ食べていましたから(笑)

 

神戸どうぶつ王国、はじめて行きましたが本当に楽しかったです。

動物達との距離が近く、たさんふれあうことができることが非常によかったです!

園内は草花も多く、目に優しくリラックスできました。

家から近いし、また行きたいな♪

それでは!

【感想】「悪魔のいけにえ」

こんにちは、キュウです。

本日はAmazonプライムで「悪魔のいけにえ(The Texas Chain Saw Massacre)」(1974 日本での公開は1975、83分)を観ました。

 公開40周年記念の際映画館に観に行くほど、私はこの映画が大好きです。

監督はトビー・フーパー

あらすじ(ウィキペディアより)

墓荒らしが頻発しているテキサス州に、5人の男女が帰郷がてら墓の無事を確かめるために訪れた。一行はその道中で一人のヒッチハイカーを拾うが、ナイフで自傷行為に及び、切りかかるなどの異常な行動を起こす。その後、一行はガソリンを分けてもらうために近隣の家を訪れるが、そこには先ほどのヒッチハイカーやその弟である殺人鬼・レザーフェイスが住んでおり、一人また一人とレザーフェイスにより殺されていく。墓荒らしの犯人はレザーフェイス一家(ソーヤー家)であった。

 はじまりから、なんとも不吉な雰囲気が漂っているのです。

墓荒らし、絶え間なく流れる殺人のニュース、アルマジロの死骸、星占いでは最悪の星回り、不気味なヒッチハイカー、

うだるような暑さ、砂埃と汗にまみれた身体・・・

画面全体から、これは酷いことが起きるなとヒシヒシと伝わってきます。

もう、この雰囲気が、たまりません。

BGMがないのも、この映画の特徴です。

不協和音。

以下、ネタバレを含んでいますのでご注意ください。

 

若者5人にとってレザーフェイス(とその一家)に遭遇してしまうのは、不運としかいいようがありませんが、

レザーフェイスにとっても、自分のテリトリーを荒らされしまい姿を見られてしまうのは不運です。

見られたからには殺してしまうしかないのでしょう。

椅子に腰掛け肘を突いて「ああ、今日はなんて日だ。」と言わんばかりのレザーフェイスに少し同情するかもしれません(笑)

ああ、でも、人皮を被った大男がチェーンソー振り回して追ってくるなんて、恐ろしすぎます。

逃げ惑う主人公サリーと心拍数が同化してしまいます。

 

その後、レザーフェイス一家がサリーを拉致し、おぞましい晩餐会を開きます。

不気味なヒッチハイカーはレザーフェイスのお兄ちゃん。

サリーの絶叫が響き渡り、顔面、眼球の大写し。

美しい女性が髪を振り乱し、気が触れんばかりの恐怖にのた打ち回る姿は、なんとも言えない興奮を与えてくれます。

この辺りは、「恐怖」と「笑い」が本当にギリギリなところで均衡を保っています。

わたしとしては、若干「笑い」が上回るところでしょうか。

レザーフェイス一家の行動は、気違いじみて、理解の範疇を越えています。

そこに滑稽さが加わって、絶妙な恐怖が出来上がるのです。

 

最後、サリーはなんとかこの恐怖の一家から逃れることができるのですが、

血まみれの彼女は、笑っているのです。

大口を開けてケタケタと、彼女は生還しますが精神は死んでしまったのでしょう。

朝焼けの中、彼女を逃してしまい行き場のない思いを持って、レザーフェイスはチェーンソーを空に切ります。

おぞましさとおかしみが渾然一体となり、一夜の恐怖は終焉を迎えます。

怖いのですが、美しいのです。

恐ろしいのですが、おもしろいのです。

 

ちなみに続編「悪魔のいけにえ2」は、完全に「笑い」に舵を切っています。

それはそれで潔く、わたしはこちらも好きです。

 

悪魔のいけにえ」お勧めですので、ホラー好きの方は是非どうぞ。

それでは!

【6月】読書会に行ってきました【1回目】

こんばんは、キュウです!

 

6月9日(日)、猫町倶楽部関西文学サロン月曜会に参加してきました。

課題本は『江戸川乱歩傑作選』(新潮文庫)でした。

 

江戸川乱歩傑作選 (新潮文庫)

江戸川乱歩傑作選 (新潮文庫)

 

 

 

会場は大阪メトロ「四ツ橋」駅2番出口を降りて、徒歩7~8分の所にあるラポーティアというカジュアルなカフェレストラン。

16時30分から受付開始で、17時から始まりました。

 

今回は満員御礼だったそうです、参加者約60名!多いです!!

ミステリー好き、江戸川乱歩好きが多かったのでしょうか。

わたしが座ったテーブル席では、ミステリー読書会に参加されている方がいらっしゃいました。

かくいうわたしも江戸川乱歩好きです。

小学生の頃、図書室で夢中になって読んだ少年探偵団、表紙と挿絵が不気味で好きでした。(もちろん今も好きです)

ちなみに中学生の頃はシドニィ・シェルダンに夢中になっていました(笑)

 

各テーブルに約6名、その中にファシリテーターという進行役の方がいらっしゃって、読書会を進めていきます。

まずは、自己紹介。

そして、課題本について語り合っていきます。

今回は短編集でしたので、①全体の感想、②お気に入りの短編の感想、③みんなに聞いてみたいことを順番に述べ、

そのあとはみんなで、短編ひとつずつをもっと語り合っていく流れでした。

時間が足りなくて語れなかった短編もありました。(「二病人」とか)

上記の読書会の進め方は、わたしが座ったテーブル席でのことです。

各テーブル、さまざまな進め方があったかと思います。(気になります!)

 

わたしは№1「芋虫」、№2「赤い部屋」、№3「心理試験」と「屋根裏の散歩者」が好きです。

短編の順番も後になるほど、フェティシズム溢れ異常心理に満ちた作品になっていきます。

読んでいるうちにだんだんと現実から乖離しおぞましい世界に入っていく感じが、たまりません。

みなさんのお気に入りを聞くと、「芋虫」、「人間椅子」、「赤い部屋」が多かったように思います。

 

さて、課題本の読書会が1時間30分程で終了したあとは、各テーブルの参加者の中からベストドレッサーを決めます。

今回のドレスコードは「少年探偵団」。

わたしは、なにも思いつかなくて猫のバッチ(ブローチ)をつけただけです(汗)

『青銅魔人』表紙の小林少年の格好をしてきた方が、すごくよかったです!その発想はなかったです!!(笑)

 

その後は、次回猫町倶楽部関西文学サロン月曜会、シネマテーブル、アウトプット勉強会の紹介がありました。

そしてそして、約2時間の懇親会がスタート。

おいしいご飯を食べお酒を飲みつつ、みなさんと引き続きわきあいあいとお喋りを楽しみました。

テーマ別席替えもありまして、「ミステリー」、「映画」、「漫画」、「芸術」等がありました。

わたしは「映画」で引き続きお酒飲みつつお喋りしていました。

 

あっという間の猫町倶楽部関西文学サロン月曜会でした。

今回もとても楽しかったです。

この楽しさは、「自分の好きなことを話せる」、「みんなと好きなことを共有できる」、「ひとりではたどり着けない思いもよらない考えやお話を聞くことができる」、「もっと読書をしたくなる」ですね。

今年4月から読書会に参加しはじめましたが、もっと早く参加しておけばよかったと思います。

でも、早いも遅いも関係なく、今を全力で楽しみたいです!

 

次回、わたしは7月14日(土)第41回関西文学サロン月曜会×UG(アンダーグラウンド)コラボに参加予定です。

課題本はポーリーヌ・レアージュO嬢の物語』で、ドレスコードは「仮面(マスク)」

 

O嬢の物語 (河出文庫)

O嬢の物語 (河出文庫)

 

 

今からワクワクしています(笑)

 

また読書会に参加しましたら、このようなレポートを書きたいと思います。

それでは!

お久しぶりです。

こんばんは、キュウです。

ブログをしようと思ってもなかなか続かず、またしても長らく放置してしまいました。

スマートフォンipadからでは、思うように更新ができませんでした。(単なる言い訳ですが)

 

ですが!

ようやくデスクトップでネットをする環境ができました。

机に向かって、パチパチとキーボードを叩きながら、ブログ更新をする。

これが私の理想の、求めていたスタイルです(笑)

はい、三日坊主にならないように頑張りたいと思います。

まずは、なんでもよいのでブログを、日記を、書いていこうと思います。

文章を書いていきます。

 

それではどうぞよろしくお願いいたします。